作品紹介

10歳で授けられる「職業」と「スキルの有無」が人生を大きく左右する世界――。 『剣姫』ファラと『魔導王』レオンの息子、アレルは、あろうことか『無職』の烙印を押されてしまう……。 職とスキルがなくても、努力をすればいい。その思いを胸に、努力を重ねるアレルだが……。 『小説家になろう』でも大人気作が、公式コミカライズ!

最近の更新全表示

Web小説アンテナで検索

コメント投稿


200
※投稿の注意
※作品に関係の無いコメント・宣伝行為・他者への誹謗中傷は削除・規制対象となりますのでご注意ください。
もの凄くスマホ臭い・・・
ID: qp3mUUD6 20/10/03 22:33:22
毎週木曜18時更新なのに今回更新早いのはGW進行? 嬉しい
0:04
04月30日更新
ID: fmHs1gE3 20/04/30 01:29:58
第1話の解説に従えば、料理も料理人だけのスキルだよね。
家庭で料理するのに、なぜ誰もスキルを模倣できると知らないのだろう。
ID: jkw.4Hhc 20/02/04 04:06:13
基本は俺TUEEなんだけどキャラクターが非常に魅力的に描かれていてキャラ同士の掛け合いもテンポよく面白い。これも漫画家の技量で良作になっている作品だね
ID: dennkbUX 19/07/08 19:40:21


ツイート

無職の英雄 別にスキルなんか要らなかったんだがの感想をツイートする
愚者洸路
「無職の英雄 別にスキルなんか要らなかったんだが」第22話|コミック アース・スター viewer.comic-earthstar.jp/viewer.html?ci…
Hanamoger
無職の英雄 別にスキルなんか要らなかったんだが 第22話|コミック アース・スター comic-earthstar.jp/detail/musyoku/
ヨネ
無職の英雄 別にスキルなんか要らなかったんだが 第21話 / 原作:九頭七尾・上田夢人 漫画:名苗秋緒 nico.ms/mg522153 #ニコニコ漫画
コミック アース・スター公式
【コミックアース・スター 最新話更新】 『無職の英雄 別にスキルなんか要らなかったんだが』第22話(原作:九頭七尾・上田夢人 漫画:名苗秋緒) comic-earthstar.jp/detail/musyoku/ 魔導神祭、そして六学院魔法大会が始まる。 しかし、その裏で動く怪しい影――…。 祭りは無事行われるのか。 pic.twitter.com/2AfoEpCAAc

普段読んでいるWeb漫画の更新をまとめて確認できます。

マンガボックス、少年ジャンプ+、LINEマンガなど多くのサイトに対応しています。

使い方を見る

対応サイト 一覧

総合

刊行作

ほのぼの

シリアス・シュール

コミカライズ・アニメ

4コマ

エッセイ

恋愛

美少女

専門

雑誌

ユーザー投稿

更新情報

更新終了

Random

S×S・2cm目
彼女は143cm・彼氏は158cm。 ...
全部ください、先輩。
「契約条件は“体”の交換ーー」 柔道部...
酷幻想をアイテムチートで生き抜く THE COMIC
GCノベルズ『酷幻想をアイテムチートで生...
エルフさんは痩せられない。
エルフさんはなぜ肥えた? 話題沸騰のポ...
女帝げぇむ キミのおねがいはなんですか?
巷で話題の“女の子の願いを叶えるアプリ・...

最新コメント 一覧

進んでるかは知らんが最初の方掲載のやつは新刊発売記念のキャンペーン?みたいなやつじゃね
(他 1 件)
また最初の方から掲載になってるけど進んでないのか?
あぁ・・・確かにこれは禁忌にも程があるってやつだな;お手軽クローン魔法かこれ多分人間でも可能だよな・...
(他 1 件)
禁忌にも程があるわw
随分と重い題材の作品だなへうげものとの落差が凄いwちなみに氷河期は日本だと室町時代の後期(織田信長の...
ただの相当なクズ女・・・
回復魔法なのか?これはw
原作読んでみたけど これは漫画家の力で化けたんだね
主人公がチートでどんな薬でも作れるってのは良いんだけどこの作品って客が頭おかし過ぎるだろw常識的に考...
この切れ味だから直線状のテーパーだと乱暴に出し入れしたらブレでイッちゃいそうだし、漏斗状にしかも刃の...
(他 3 件)
いや、単なる鞘で良いならソコまでの精度は要らないぞ 要は刃が触れない程度にテーパーを調整するだけ ホールド自体は鍔元ですればOKだし
長刀を素早く抜刀するのとは異なり保護目的の鞘なら刃を滑らせる必要ないので、刃の両サイドをホールドする形状にすれば問題ないのでは 物凄い工作精度が必要だけど
切れ味の良すぎるナイフに鞘が保つんだろうか…
久しぶりに読んだが、エロありつつ、意外とラブコメしてて良き。
ついに来週から続きが読める